はじまりの物語

HAPPY BASE Yukiyanagi代表の川島孝一です。

2020年4月に洞爺湖に7年ぶりに戻ってきました。
大好きな洞爺湖国立公園の景色を毎日見れることがしあわせです。
10年前、東日本大震災があった日、ぼくは福島にいました。
すぐに仲間を安全な場所に移動させたあと10人乗りのハイエースにいっぱいの物資を積んで北茨城の役場に物資を届けて、そして宮城県の石巻市に入り復興支援団体め組JAPANを立ち上げ湊地区を中心にできることをさせていただきました。
あの時、当時の表に「こういち、東北の親御さんに一夏安心して過ごせる場所を探してきてほしい」と言われて震災から1ヶ月半後に1人で北海道に入りいろんな人を紹介していただきいろんな場所に行き、最後にたどり着いたのが洞爺湖でした。
あの時、全国からいっぱいのご支援をいただき一夏で約180名の親子さんに洞爺湖に来てもらうことができました。
10年前のあの時のご縁があって今があります。
そして、お世話になった元旅館さんのところに引っ越し今では12名の方が移住し、今年に入り、Yukiyanagiの物件をお借りするチャンスをいただきました。

洞爺湖に来て、ここでやっていきたいことが、住ませてもらっているオーナーの「移住者を増やしたい」という想いを応援すること。
お世話になっている佐々木ファームの美味しい野菜を応援すること。

この2つをぼくは大切にしていきたいと思っています。
目の前の人を喜ばせることを大切に自分ができることをコツコツと積み重ねていきたいです。
Yukiyanagiでは、これから定期的にツアーを開催していきます。
ぼくたちが知っている洞爺湖の魅力や移住して来たメンバーでおもてなしをさせてください( ^^ )
そして帰る頃には、「めちゃくちゃよかったーーー!!また帰ってくるね」って言ってもらえるくらいの笑顔を増やしていきます!!
時代が大きく変化している今、大変な世の中に入ったかもしれません。
大変とは、大きく変わると書きます。
この大きく変わる時代を笑顔溢れる場所 HAPPY BASE Yukiyanagi であなたのことをワクワクお待ちしています。
そして、新しい生き方、あり方のきっかけの場になってもらえたらしあわせです。

Yukiyanagiとは、大好きな歌のタイトルで歌詞には

ガンバらなくてもいいんだよ
ありのままの君でいるなら
冬と春つなぐユキヤナギ
まわりを照らしていた

ここでは
1人ひとりに優しくまわりを照らし続ける場所を作っていきます。

HAPPY BASE Yukiyanagi
代表 川島孝一

目次
閉じる